スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第32回 言葉でできる福笑い

明けましておめでとうございます!

去年は自分で初めて自己発信型のブログを始めたら、意外と日本語教師の方がたくさんいて
コメントをもらったりして、いろいろためになりました。年末の会議も終わり、新年の目標を
新たに立てつつ、今年も全力でがんばろうと思います。生徒からのメールも返信したことだし
久しぶりに授業テクについて話題を振ろうかと思います。

新年始めの授業ですが、初級クラスは自己紹介の時に羽子板使ったり、書初めしたり、いろいろ
行事はあるのですが、中上級になるとレアリアを使った授業がビデオくらいになってしまいます
よね?

そこで今回は新年一回目の授業として「福笑い」を取り上げようと思います。もちろん普通の
福笑いを100円ショップで買って来て、みんなとやっても盛り上がるのですが、中上級は
日本語の語彙力を使って「言葉の福笑い」をやってはどうでしょうか?

やり方は超簡単です。各生徒になにも書かれていない紙を渡して、教師の説明文に従って
福笑いの完成図を紙に絵として書いてもらうと言うもの。

例えばこんな感じ

1 「おさげ髪のぽっちゃりとした女の子で、えくぼがかわいい人 」

2 「あごひげと鼻のしたにちょび髭が印象的なおじさん。福耳です」

なんて感じです。生徒がどんな絵を作るのか楽しみではありませんか?
優秀作品は教室の掲示板に。もちろん語彙を導入した後でどうぞ!顔に関する言葉はいろいろあって
二重まぶたから、たらこ唇までいろいろ調べておくと便利です。今学期は出席率が減ってしまう
厄介な時期でもあります。今学期で卒業となる中上級の日本語クラスの生徒には「更なる日本語の向上」
という目標と卒業後の目標も与えなければなかなか出席80%をキープできませんね。

去年は漢検やプレゼン、グループワークなどこの時期しかできないタスクを通じてクラスの
一体化と出席維持を図りました。なかなか難しいところですが、最後のしめくくりをきちんとやって
すばらしい卒業式を迎えさせたいものです。

読者のみなさんが素晴らしい年を迎えられますように!!

今年もよろしくお願いいたします。 2010年 1月1日

PS 今年は日記も書いて、日々の思いも書こうかなと思います!

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

日本語を教える事について

新年あけましておめでとうございます。

私は大阪府に住む35歳の会社員です。

実は同じ会社で働く韓国籍の男の子にビジネス敬語を教えてほしいと

上司から相談を受け、今年から教える事が決まっております。

彼は日本語は話せるのですが、まだ電話に出る事も接客もできません。

デザインで働いているので、腕があれば言葉はある程に通じれば…

最初はそのような形で働いてもらっていたらしいのですが、

実際は上司に対する言葉も友達に対する言葉も同じであったり、

まだ、難しい言葉は分かりにくかったりで、勉強が必要という話になったよう
です。

私は電話オペレーターの経験者で教育係に任命されましたが、正直、人様に教える事ができる器でもなく、

どのようにすれば効率よく教える事ができるのか全く未知の世界で分かりません。

教育の経験もありません。本を購入するばかりで何をどうすればいいのか…

こんな漠然とした質問をされてはお困りになるとは思いますが、

もし、よろしければ、日本語を教える上で最初につまずく事や、

アドバイスなどをいただければと思い、藁にもすがる思いでメール致しました。

もっと早くにこのサイトを知りたかったです。本当にすみません。

宜しくお願いいたします。
セピア URL 2010-01-04 19:30

Re: 日本語を教える事について

> 新年あけましておめでとうございます。
>
> 私は大阪府に住む35歳の会社員です。
>
> 実は同じ会社で働く韓国籍の男の子にビジネス敬語を教えてほしいと
>
> 上司から相談を受け、今年から教える事が決まっております。
>
> 彼は日本語は話せるのですが、まだ電話に出る事も接客もできません。
>
> デザインで働いているので、腕があれば言葉はある程に通じれば…
>
> 最初はそのような形で働いてもらっていたらしいのですが、
>
> 実際は上司に対する言葉も友達に対する言葉も同じであったり、
>
> まだ、難しい言葉は分かりにくかったりで、勉強が必要という話になったよう
> です。
>
> 私は電話オペレーターの経験者で教育係に任命されましたが、正直、人様に教える事ができる器でもなく、
>
> どのようにすれば効率よく教える事ができるのか全く未知の世界で分かりません。
>
> 教育の経験もありません。本を購入するばかりで何をどうすればいいのか…
>
> こんな漠然とした質問をされてはお困りになるとは思いますが、
>
> もし、よろしければ、日本語を教える上で最初につまずく事や、
>
> アドバイスなどをいただければと思い、藁にもすがる思いでメール致しました。
>
> もっと早くにこのサイトを知りたかったです。本当にすみません。
>
> 宜しくお願いいたします。

こんにちは。現在うちの学校にも韓国人を対象としたビジネスコースを設置しているのですが、日本語を話せるのに敬語を使えない韓国人は逆に珍しいですね。まず始めに研修相手の日本語経験を知ることが必要かと思われます。おそらく上司にため口ではなしてしまうくらいなので独学なのでしょうか??ビジネスと言うことを考えると速習形の日本語教材を使いながらとりあえずある程度決まった定型文を覚えさせながらTPOでやっていかないと時間がないのではないかと思います。

電話対応で必要なスキルは、リスニング力と日本語の発音だと思います。これに関しても耳がよい学習者とそうでない学習者に別れます。リスニング力の弱い生徒はビジネス会話の本を一冊使ってCDを聞きながら読まれた会話文をノートに書き起こすディクテーションがかなり効果をあげると思います。学習者の日本語力が分からないのでどのレベルの教材かまではいえないのですが、教材内容として「一対一の会話が繰り返されているようなもの」を用意するべきではないでしょうか?

やり方はCDを聞く⇒ノートに書き起こす(聞き取れない言葉は空欄にしておき一字一句逃さず聞こえたとおりに書く)⇒正解を見て聞き取れない部分を赤でノートに入れる⇒完成した文の意味を教えてあげる⇒一緒に発音練習をする

という流れでリスニングから入ってはどうでしょうか??全くの日本語教師未経験者が文法積み上げのテキストを使ってしまうと逆に質問に答えられないので、発音を教えてあげたり、単語の意味を教えてあげる程度でいいはずです。ご自信も仕事で大変だと思いますが、がんばってくださいね。

PS ミクシーにも日本語教師の集まりがあるので、そちらで質問をしてもよいかと思います


haruki0704 URL 2010-01-05 07:23

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。