スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語教師にも会計と経営の知識がいるのかも?

日本語教師を長年やっていると、どうして自分の給料は上がらないのか?(><)

本当に1人の学生からとる学費と時給のバランスはあっているのか?

実際に日本語学校の経営者って儲かっているのか?

会議で成績と出席率の会話や授業内容に終始して、学校の未来について

もっと話す必要はあるのではないか?

などなどふつふつと疑問がわいてきたことはありませんか?

この本を読んでいて、顧客と一対一の関係を作る独立派の日本語教師はもちろん、

生徒と教師の関係・学校と教師との関係を見る上で、日本語の先生も経営や会計の基礎を

知っておく必要があるのではないかと思わされました。

というわけで、今回は書店で平積みになっていた会計学のマンガを紹介します

ストーリは、デザイナーをしていた女の子が突然会社の経営を任されるというところから

展開し、右も左もわからない普通のOLが会計学の基礎を学ぶと言うストーリ。

同じマンションに住む師匠にならいながら、少しづつ会計用語と経営に関する知識を身につけ

ていきます。この本の肝は、師匠の題したたった3つの条件です。

それは「教えたことは毎月必ず実践する」「毎回食事をしながら講義を受ける」

「講義の報酬は一年後に向こうが払いたいだけもらう」というもの。

この本が非常に分かりやすいのが、この食事をしながら会計の授業をするという点であり、

高級フレンチや回転寿司、安い餃子店などの場所を通して、会社の経営について

学べるところでしょう。難しい会計用語も一切なしで、リストラはOLのダイエットにたとえ

財務チェックは定期テストの見直しに例えたりと、解説も身近で分かりやすい。

シリーズで二冊出ていますが、通して読み終わる頃には日本語学校全体のカラクリが

徐々に見えてきたような気がしました。専門学校や日本語学校で総合科目の勉強を

教える都合上、いくつか会計学や経営学の本を読みましたが、これは生徒にもおすすめしたい

教養マンガです。数学嫌い、経済嫌い・会計なんてもっと嫌い。私は趣味の日本語教師!

な~んて思っている人にも目を通してもらいたい本でした。結構生徒は日本で働くことを

目標にやっているので、経営の話は喜ばれます。将来長く仕事を続けマネージャークラスに

なるならば、会計の知識は必須ですしね! 自分ももっと勉強します!

       ↓

マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

マンガ 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

☆おもしろそうですね♪

☆ ありがたい情報です。
 よんでみたいです。
フリーで 教えていて
気楽な日々ですが 
 もっと バージョンアップするには
必要ですね。 また 楽しみにしています。
☆美子♪ URL 2009-12-07 10:55  [Edit]

Re: ☆おもしろそうですね♪

> ☆ ありがたい情報です。
>  よんでみたいです。
> フリーで 教えていて
> 気楽な日々ですが 
>  もっと バージョンアップするには
> 必要ですね。 また 楽しみにしています。

たびたびコメントありがとうございます

いつか自分もフリーで独立してみたいです(><)

風邪がはやってますので体調には気をつけてください!
haruki0704 URL 2009-12-20 22:23

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。