スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落語はお好きですか?

みなさん落語は好きですか? 実は自分は今まで落語なんて興味が全く

ありませんでした・・・。しかしあるできごとから落語に興味を抱くようになりました。

大学のオープンキャンキャンパスの翌日のこと、

突然学生からの質問で、『先生、なんで目黒でサンマ祭りをやるの?都会なのに』

『え、目黒でサンマ祭り?確かに変だな?どうしてだろう?』と生徒同様始めのうちは

まったく意味が分かりませんでした。よくよく聞いてみるとどうやら落語に関係ある

らしいとのこと・・・。

『ん?確か目黒のサンマ』っていう話があった気が? 『・・・おいしんぼ』に載ってた!!

ということでうる覚えの知識を披露。だが待っていたのは予想道理の詳しい質問でした!

『なんで目黒に行くの?どこの殿様?ソードフイッシュってそもそもうまいの?』

はい、ギブです。もう答えられません(><)

興味なのかテスト勉強回避なのか分かりませんが、その手の余談が大好きな生徒。

それまで静かに能力試験の問題集やってた女の子まで顔を上げてちらちらとこっちを見る始末。

『わからない~(><)』というと、『なんだよ・・・』と残念そう・・・。

『う~む、こいつら教師を全能だと思ってない?英語教師はシェイクスピア読んでるの?』

という気持ちも湧いてきたのですが、海外に出て行くときに日本文化の勉強は必須だと

思っていたのに、勝手に落語は年寄りくさいというイメージを持ってしまい勉強をしていま

でした(><) いわゆる「バカの壁」っていうやつです。

微妙にモチベーションも上がったし、大学受験の進路指導にも疲れていたので

帰り道に本屋にふらふらと。

そうして見つけたのが「落語入門」という本。まずは教科書同様視覚から入って

目をつけた本ですが、これが意外と面白い!イラスト付きで(これ大事)

落語の基本知識からはじまって、「男女関係」「仕事関係」「商売関係」など

ジャンル別の厳選された古典落語の名作30個が、わかりやすいあらすじと

用語解説とともに一ページずつ紹介されていて、初心者にも本当に分かりやすく

落語の楽しみが伝わってきます。コラムには「江戸の暮らしと生業」「落語のしぐさと小道具」

などさらに深く落語の世界を楽しめる記事がのっています。

同時に「ここが聞きどころ」という各話の鑑賞のポイントが紹介されているので

話のどこに注目すべきなのかが良く分かりました。自分のように「全く落語に興味のない人」

でも一応メジャーな落語を知っておこうという人にはかなりおススメです。

この本に書いてあったのですが、落語の世界で最も嫌われるのが知ったかぶりの「半可通」

との事で、こんなので落語を知った気になると怒られそうですが、入り口には立たせて

くれると思いました。 巻末には写真付きで天才落語家列伝が載っていて、ちょっと

you tubeで調べてみたらどんどん出て来たので、この本をみながら落語をたのしみました。

それにしても、これらの落語の話って現代にも十分通じるんですね!

PS 落語について聞いてみたらみんな「タイガー&ドラゴン」みて自分より落語について

知識がある生徒がたくさんいました!いやはやまだまだ勉強することはありますね!

超初心者のための落語入門 (カルチャー図解)


 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (1)

こんにちは。
落語は興味なかったです
ルールもよくわからないし。
でも日本の文化だし
知っておこうかなと思いました
イラストが入ってるわかりやすい本はいいですね
またきますね
陽子@英会話勉強中 URL 2009-11-09 15:26

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。