今回は日本語にどんどん増え続けているカタカナ語をマスターする本を紹介

基本的に自分は第一印象を重要視していて、ぱっと見て自分が楽しい気持ち

勉強したくなる気持ちになる本を選ぶようにしています。使い込めば使い込むほど

味がでる教材も多いのですが、大体一冊の教科書に集中して学習できる期間は

長くても3ヶ月くらいで、それ以上だとレベルが上がったり、モチベーションが下がったり

目的が変わったりして、使わなくなってしまいます。

こんかいのカタカナ本は作りがイラストつきてとても丁寧です。

レベル別に第一章は「カタカナの字と音を覚えよう」

第二章は「かたかな語の音とリズムをつかもう!」というように目的がはっきりされており

イントネーションから字形・拍の意識にまで気を配った作りになっています。

丁寧な説明とともに分かりやすい問題(穴埋め問題や会話分の挿入問題、正誤問題など)

も付いていて、どのレベルの生徒が始めても楽しくカタカナ語マスターになれるはず!

これから始めれば「カタカナ嫌い!(><)」なんてことはなくなるのでは?

【 商品紹介より 】
カタカナ語が「聞いてわかる」「見てわかる」「自分で書ける」ようになる!
漢字と並んで外国人を悩ますカタカナ語。しかし、漢字と違って、カタカナ語を
教えてもらう機会も、学ぶための本も、ほとんどありません。
そのため、中級学習者でも、カタカナ語はなかなか身につかず、ひどい間違いをします。
そんな問題を一気に解決するのが、この本です! この一冊でカタカナ語の基本がマスターでき、
カタカナ語がどんどん覚えられるようになります。

1総合的にカタカナ語を学ぶことができる、初めての本!
25つのステップを踏みながら、着実にレベルアップ。
3豊富なイラストで学習の負担を軽減、ニュアンスもよくわかる。
4話し言葉を中心に頻度の高い語句・表現を厳選。
くり返し練習するから、実践力がどんどん身につく。
52つの単語リスト(「カテゴリー別単語集」
「各ステップで取り上げたカタカナ語」)で語彙学習を強力サポート。
6解説や例文は易しい日本語表現で書かれ、単語とコラムには対訳(英・中・韓)
があるので、安心して学習できる。
7クラス・アクティビティー用素材やカタカナ練習帳も付いて、付録も充実。

   ↓

カタカナ語スピードマスター

PS 能力試験対策としては完全マスターのカタカナの方が点数には直結すると思います

           ↓
完全マスター カタカナ語彙 日本語能力試験1・2級レベル

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加