スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第三十回 フィンランドメソッドに学ぼう! 子供向け日本語学習に最適かも

 塾がないのに学力世界一!? 授業時間は最小で、休みは多いし、宿題も少ない。
 そんな国の教育は一体どうなっているのか? とくに読解力は国際学力調査(PISA)で
 連続して上位に上がるこのフィンランドの教育法。同じ教師として、日本語教師の分野にも
 応用できないかと、ちょっと本を読んでみました。

 まず自分が目を付けたのは体験本です。学者目線や教師目線でなく、一人の学生が突然
 フィンランドに留学することになったらどんな体験をするのか?そんなことを考えて読んだのが
 「受けてみたフィンランドの教育」という本です

 これは高校生が民間国際教育交流団体であるAFSを通じてフィンランドに留学した体験記と
 それを送り出した、親の感想と分析が交互につづられるというもの。
 実際読んでみると、日本とは違う驚きと、感動がリアルに伝わってきてすごく面白いです。

 自分が興味をもった体験談は

 1 フィンランドの教育ではテストがほとんどエッセイなどの記述式。穴埋めはない。
  
 2 テストの制限時間がない!朝から夕方までエッセイを書いていても良い

 3 フィンランドの大学は全て無料 学費以外に昼食と軽食も無料(ただしまずいらしい(笑))

 4 テスト前の合い言葉は「読んだ?」エッセイ式のテストなので読むことが勉強

 というもの。新聞等で知っていたのですが、それを女子高生の新鮮な目線で語られると、

 自分も留学している気分になりました。

 さて、前置きはこれくらいとして、実際に日本語教師の授業として具体的に使えるものはないか
 形になっているものはないのか?という視点からのお話です。今回参考にしたワークシートは
 「フィンランドメソッド実践ドリル」です。そこから得られる指導方法を3つ分けたいと思います。


 1 発想力の養成法

 これはカルタというものを使います。簡単に言うとマインドマップと同じ。あるキーワードをきっかけに
 どんどん発想をのばし表現するもの。ドラゴン桜でまた注目されたメモリーツリーなどいろんな
 暗記法につながる方法です
  
 これは授業テクでも紹介した「偏愛マップ」にも応用されていますし、最近は小さい子供の日本語
 学習者の語彙獲得に効果があると思っています。例えば「火」というものから連想される言葉を
 マッピング化。燃える、焦げる、消防車、やけどなどの語彙をどんどんマッピング化して覚えて
 もらいます。その時活躍するのがBEST本で紹介した、初級の頃から使える「ことば絵辞典」です
 イラストを見ながら夢中になって書く姿を見て、どんどん取り入れて行きたい方法だと思いました


 2 論理力・表現力の養成法

 これはキーワード作文やフォーマット作文、絵をみて描写、マンガにコマを吹き込むなどの
 実践テクニックにつながる事でしょう。

 キーワード作文とは、例えば「携帯電話、お礼、パソコン、コンビニ、自動車」というランダムの
 キーワードをできるだけ使って文章を組み立てる方法。日本語教師の授業だと文型練習に
 語彙の制限を加えたものになるのかもしれません。

 フォーマット作文とは一つの質問に対してあらかじめ作られたフォーマットを埋めることで論理性を
 養うというもの。
 例えば「あなたの好きな乗り物は?」 答え○○ なぜなら○○ それに○○ また○○
 のように中上級の日本語学習者が苦手とする接続詞練習につながってくる事でしょう。

 マンガの穴埋め作文とは四コママンガの途中を空欄にして文脈を把握した上で会話を
 考えてもらうというものです。おすすめ本の中では「コボちゃん(今回は対訳版)を
 紹介しましたが、敬語に関する四コママンガなどを使って場面別の敬語を考えてもらうのも
 良いと思います。島耕作シリーズなどは英訳もされているし、ビジネスジャパニーズの勉強法
 として生徒の興味をそそるかも知れません

 3 批判的思考力の養成

 これは異文化理解のテキストなどとつなげて、お互いの異文化衝突を理解したり、文章や
 広告の批判、意見文からディベートなどにつながる教材を考えると良いでしょう。
 最近盛り上がったのは日本のテレビCMの批判やスポーツニュースの芸能記事の批判文を
 書かせるというものです。良かったらやってみて下さい。

 どうでしょうか?授業テクニックも第三十回ということでちょっと長めの文章になってしまいました
 いつも頭にあるのは「精神論ではなく具体性」(できれば明日からできる即効性)と思いっています
 まだまだ自分も勉強の途中ですので、試行錯誤を繰り返している最中ですが、少しでもこれから
 日本語教師を目指そうとしている人。現役の卵教師の参考になれば幸いです。
 面白い授業アイデアいつでも募集しています。失敗は成功の元!どんどんチャレンジしましょう!

 PS 日本語教師のブログ3万人突破しました。一ヶ月五千人!? う~ん。う~ん。沢山来てるな
    ありがとうございます!



 
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。