スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書 実例2

青山学院経営  中国人 男性

学習計画

その一 ・・・ニュースと取り入れた現実型

このまえのウィグル自治区ニュースに衝撃をうけましたが、同時に「やはり、こうなったか」という気持ちも
持ってしまいました。というのも、中国の経済格差は本当に大きく、富の配分が十分ではありません。
地方との格差が多いため、私の故郷であ福州市にも、出稼ぎ労働者が来ているようです。
私の町は台湾が近く、海上貿易も盛んなのですが、そこでの単純な労働環境は日本に比べると
とても遅れているのが現状です
 このようなニュースを見るたびに、こままでは中国経済は行き詰まるのではないかと不安を感じます
私は日本でこのような問題を解決するために、地域の活性化が可能かどうか勉強したいと思います。
 日本は地方色豊かであり、また中国とは違った地域密着型の地場産業があるので、いろいろな
勉強ができると信じています。


その2・・・日本で学ぶ意義を強調型

私が日本に来た理由は二つあります。一つはその地域に住み、国民性にふれながら、
日本人の価値観を知りたいと思ったこと、そして二つ目はその国民性からどのような
ビジネスが生まれて行くのかです。 日本は組み合わせの文化があると思います。
薬屋で健康食品や化粧品を販売し、喫茶店で株式をすることができたりと、さまざまな
工夫がみられます。また、地方に旅行すると、その地域にあった特産品をうまくビジネス化
していると思います。中国は農村部と都市部の格差が大きく、国の指導でビジネスを
行うことが多いため、まだまだ日本に学ぶことは多いと思うのです。
 また資源高の中で世界の投資が中国に集まり、日本との結びつきも強くなっていく
と思います。貴校はビジネスと投資学も勉強することもでき、国際性のある大学なので
わたしの条件を満たしてくれると信じています。


卒業後の計画

 日本語や日本について勉強をしたので、できれば日本の企業で働きたいのですが
その中でも、対中投資に興味があるので、金融関係の仕事につきたいと思っています
実家の福建省は台湾も近いことから海上貿易が盛んなので、国際貿易関係の
仕事も魅力的です。 どの仕事も相手を知り、お互いの理解なくてはできない
ものであるので、これからの日中・欧米についてどう考えて行くべきかたくさんの人々と
話し合いたいと思います。ビジネスを通して周りが豊かになるようなことをして行くのが
僕の夢です

講評:
来日してからの関心事をニュースと日常の発見というテーマで書いてあるのがポイント
なるべく具体的に自分の興味を持っていることを伝えたい

【 学生のみなさんへ 】

注:参考にするのはかまいませんが、コピーしてこのまま使わないで下さい

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。