スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉の魅力が満載 日本語教師と英語について考えさせられました

「~」の正式名称ってなんなのか、みなさんは知っていましたか?

自分はかってにホニャララ・・・と読んでみたり、ニョロニョロと言ってみたり。

適当に使ってきたのですが、この「~」の正式名称は「波ダッシュ」だそうです!

おお!とこんな小さなことに反応してしまう人におすすめの本が今回紹介する本

「ダーリンの頭の中」(日本語と英語)です。

この本はタイトルにあるように日本語と英語の比較から、日本語や英語を考える内容なのですが、

韓国語や中国語などの比較も出てきて、割と学術的です。

マンガと思いきや、けっこうためになる話が多いんです! ちょっと紹介すると

発音面は検定でよく出る「語中音添加」「語中音脱落」「母音脱落」なんかの説明

例 語中音脱落       母音脱落    語中音添加
  そうですやろ?      立つ+た      観音
  soudesuyaro       tati ta      kan+n on

    ↓             ↓
   そうでしゃろ?     立った    
  soudesyaro        tat ta
    ↓
   そうでっしゃろ?
  soudesyaro

難しいとされる音声学の勉強もマンガで書いてあるので非常に分かりやすく、

すらすら読めてしまいます。

中でも自分が関心したのは「と」の使い方を例として日本語と日本人の性格を分析する章

『「と」はずるい!』の部分です。

『ケーキあげる「と」いう予定だったんだけど今は無理かな・・・「と」思っていたけど、

まぁ・・・いいことにしよっか?な~んてことありえない!』

と言うように話しながら相手の表情を見て語尾を変えたり言葉をつけたりする日本語の特徴を

二人のコミカルなやり取りでおもしろおかしく説明。英語との比較もしてあるので、逆に英語を

使うときの勉強にもなります。他のシリーズと違ってお笑いの要素が多いわけではないのですが

それが逆に日本語教師にとっていいのかな?と思いました。

最後にもう一つ、英語では熱いも辛いも「hot」日本語では「つらい」と「からい」が「辛い」に!

う~ん。言葉って不思議ですね!

                ↓
ダーリンの頭ン中 英語と語学
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。