日本語教師になるために、一番身近なのが420時間養成講座だと言われていますが、

 聞くところによると、最近は通信教育で、420を取得する大学生が増えてきたとか?

 確かに比較的時間に余裕がある大学生のうちに通信で資格を取ってしまうのは有効かも

 しれません。自分は真剣に日本語教師を職業にしようと思ったのは大学4年の夏くらいから

 なのですが、結局色々回り道をしてしまいました。

 日本語講座の勉強は語学系はもちろん、教職関係でもかなり知的好奇心をそそるものだと

 思います。海外留学の前に、社会人になる前に一体どんな学問なのか早めに情報を集め、

 アンテナを張っておくとよいと思います。

 【 通信講座についての考察をちょっと・・・・ 】

 メリット

 時間と場所の制約を受けない

 自分の興味のある学科から勉強できる

 資格取得までのコストが非常に安い

 養成講座や日本語学科の授業の補足として使いやすい

 デメリット

 独学なので、周囲の人との話し合いの場・議論の場が持ちにくい

 時間の制約がない分、モチベーションの維持が大変

 テキストだけでは技術面の実践力が付きにくい
  

 という感じで、自分の周りには通信講座などで、日本語教師の資格をとったという方には

 あまりお会いしたことがないのですが、自分もかつてアルクの通信講座を安く譲ってもらい、

 通読をしたことがあります。

 当時は既に日本語教師としての仕事を始めたので、テープを聴く余裕はなかったのですが、

 ざっくりとした感想をいうと、半年~一年の通信講座なので、

 テキストが全て語り口調になっており、非常に理解しやすい反面、本の冊数が多すぎて、

 全体を俯瞰的に見るのが難しいと感じました。短期集中の勉強には向いてないかな?

 教育能力検定対策の用語集などと併せて使うと効果的なのかもしれません。

 【 420養成資料請求・アルク通信講座・その他日本語教師+アルファの資格 】

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求
日本語教師の講座も探せます。自分の地域から検索・一括請求できるので便利です

就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
日本語教師養成講座として有名なヒューマンアカデミーです。資料請求は無料です

抜群の検定合格率!「NAFL日本語教師養成プログラム」
アルクの通信教育です。通信講座としては一番有名でしょう

 ※ 以下にも資格講座として、使えそうなものを載せてみます。茶道・着付け・書道は外国人に

   大人気です。通訳・翻訳の技術は副業に強く、日本語教師としての技術力も高めますね。
 
ケイコと学ぶ・オススメのスクール&講座情報
ケイコとマナブ.net Precious Life」スクールへの無料資料請求です

世界最大の翻訳者ネットワーク「アメリア」
翻訳・通訳などを副業として考える方はここから資料請求できます



【 海外養成講座・海外留学・ワーホリに興味がある方 】

BBI日本語教師ネットワーク
オーストラリア、シドニーで日本語教師養成講座420時間、資格取得ができます

アルファ国際学院
イギリスロンドンで420養成講座の資格取得ができます

※  海外の養成講座で420をとっても、その資格では海外でのビザが下りないことだけは
   忘れないで下さい。資格を取った後で、この相談は本当に多いです。観光ビザ+420の資格
   でアルバイトを繰り返すのは危険な行為です。
   海外で働くためには海外の大学院卒業の資格が必要です。大学院までの過程として考える
   異文化体験・語学力UPという目的を加えるなら意義のあるものになると思います

イギリス留学『英語+大学学部聴講』プログラム
ワーキングホリデー・海外大学進学・短期留学などを考えている方の資料請求先です

ワーキングホリデー参加者の声
ワーキングホリデー専門のサイトです。無料で資料請求できます

地球の歩き方「成功する留学」
旅行雑誌でおなじみの地球の歩き方が主宰する留学ホームページです。資料請求できます

あの国.com
目的別に海外留学が考えられます「あの国でこれがやりたいネットです」

大学留学.net
英国圏の大学留学専門サイトです

留学Stage
語学学校申し込みを代行でやってくれる留学ステージです。

高校留学.net
高校からの留学ならこちらから。資料請求できます




 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加