スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロ初心者にはうってつけ! 教育能力検定対策にもなりますよ


 日本語教師に興味を持ち始めたきっかけってなんでしょうか?

 英語の勉強をするに当たって、日本語にも興味がわいてきた

 大学で日本に来ている留学生と友達になったなどいろいろあると思いますが、

 よく聞くのが海外留学先や旅行先などで、「外国人に日本語の意味を聞かれたが、

 どう答えてよいのかわからなかった」という経験がきっかけになった方も多いはず。

 実際に学校で習った英文法や国文法の知識を活用しながら教えても、どうしても行き詰ってしまい

 ますよね。まさに、そんな冷や汗たらりの「いきなり先生経験」を本にしたのが、今回のおすすめ本

 「もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら 」です。

 いきなり日本語を教えることになってしまった主婦・社会人・大学生の三名が、悪戦苦闘しながら、

 日本語を教える場面を通じて基本的な技術をマスターできるようになっていますます。

 参考書としてだけでなく、読み物としてすごく面白い。教材・教科書の選び方、絵カードの作り方

 などなど、とにかく未経験者には知っておいて欲しいことが盛りだくさんでした!


 【 内容紹介より 】

 日したばかりのカナダ人女性に突然スーパーで話しかけられ、親切にしてあげた主婦の平野さん。そんなちょっとした親切心からよくわからないうちに日本語まで教える約束をしてしまった…。義理堅い性格の持ち主の今井さんは定年を迎えたばかり。シルバーボランティアで日本語を教えている友人の突然の頼みを断りきれず、1日だけ代役を務めることになったが…。オーストラリアで短期留学を始めたばかりの河田さん。初のパーティを楽しんでいたら突然、女の子から「日本語を教えて」と頼まれてしまった。「NO」と言えず、とりあえずスマイル。どうやら引き受けてしまったようだ…。さて、この「いきなり先生」になってしまった3人。どう乗り切ったらいいのだろうか。

 かなり評判いい本で、レビューの評価も高いですよ!!

 もう一冊の本は「語彙説明の本」として秀逸かな。

 「あいかわらず」「とりあえず」「とんでもない」「なつかしい」「さりげない」「せっかく」「わざわざ」

 などなど、学習者の母国語にない言葉をどう説明しますか?

 という視点から本質をつく説明をしてくれます。語彙説明は辞書で十分という甘い気持ちが、

 授業中の混乱と信用低下を引き起こします(><)そうなる前に一読しておくのも良いと

 思いました。

 【 内容紹介より 】
 
 「先生、『さすが』って、どんな意味ですか?」日本語教師は日々学習者に語彙の説明を求められます。しかし、単純に訳ができない場合も多い上、学習者の理解できる語彙・文法で説明するのが非常に難しく、互いに納得しないまま終わることも多いようです。語彙の説明は、その方法を習ったり、ブラッシュアップをしたりする機会がほとんどありません。そこで本書では、語彙の説明文を紹介しながら、ことばの説明スキルの向上を図ります!

●こんな方々へ
語彙の説明がうまくできない人をはじめ、
初・中級を教えている日本語教師
ボランティア教室で日本語を教えている人
外国人の友達がいる人

●特長
1.初・中級で説明が難しい語彙を厳選しました! PART1では、「あいかわらず」「ぜひ」など説明の難しい語彙、PART2では、「行く・通う」「さっぱり・すっきり」など使い分けの難しい語彙のペアがテーマです。
2.全国の現役日本語教師などから集めた公募作830から秀作を選び、講評します。説明モデルは、初級の語彙・文型を使いながらのティーチャーズトークなので、アレンジしてすぐに教室で使えます。
3.語彙分析や教師養成の5人のスペシャリストが、説明のポイントを詳しく解説、総合的な説明スキルの向上に導きます。


 ちなみに日本語学校の就職試験にはこの本の中の語彙を説明せよというのがあったのを

 記憶しています。どの言葉なのかはテストだから言えないんですけど・・・。

   ↓
 ことばの説明・文例集 この言葉、外国人にどう説明する?

 
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

harukiさま

著者であります。
貴ブログでの拙著のご紹介、ありがとうございます。日本語教育関係の人たちへの影響もあるこのブログで紹介していただいて、たいへん光栄に存じます。

この本は幸いに6刷まで重ねることができました。機会がありましたら、拙著の他のものもお目通しいただければと存じます。

今般はありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
荒川洋平 URL 2009-10-01 20:57  [Edit]

Re: タイトルなし

> harukiさま
>
> 著者であります。
> 貴ブログでの拙著のご紹介、ありがとうございます。日本語教育関係の人たちへの影響もあるこのブログで紹介していただいて、たいへん光栄に存じます。
>
> この本は幸いに6刷まで重ねることができました。機会がありましたら、拙著の他のものもお目通しいただければと存じます。
>
> 今般はありがとうございました。
> 厚く御礼申し上げます。

返信遅れました(><) わざわざコメントありがとうございます。いろいろな情報を集め、

それにストーリー性を持たせたあの本を作るのに相当なご苦労があったことだと思います。

是非他の本も読ませていただきたいと思います。このブログでは入り口よりも入ってからの

現場のためになる情報を発信したいと思っています。これから更に勉強して、よりよいものを

作れるように努力します。

haruki0704 URL 2009-10-07 00:52

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。