海外で働きたい。なら母国語である日本語を活かしたい!

 海外で日本語を教えるってどんな感じなんだろう?

 ネットも普及してなかった高校生の頃に旅行雑誌をめくりながらいろいろ想像していました。

 きっとそんなふうに海外で働くことを夢見て日本語教師を目指す方も多いのではないかと思います。

 今回のおすすめ本は月刊日本語海外で日本語教師としてはたらく先生の生活レポートをとりあげ

 人気のコーナーとして連載されていた『世界の教室から』が単行本化されたものです。

 世界の日本語事情から始まり、国際交流基金派遣経験者が語る日本語教師の現場リポートなど、

 三十カ国の日本語事情が満載です!実際の苦労話とか、ある教師の1日スケジュールとかかなりリアル。

 これにその国で働くための資格と給料などの待遇面が載っていれば完璧ですね

 『世界の人々うまく付き合うには?』のコラムも読んでてためになります。

 海外で日本語教師を目指す方にはおすすめです。



 【 内容紹介より 】
 世界中で日本語を学び始める人が、急増しています。

 その背景には、海外と日本とのビジネスの深まり、日本へ留学する人の増加、
 そして日本発のアニメやマンガなどに代表されるポップカルチャーの流行などがあります。

 2006年の国際交流基金の「日本語教育機関調査」によれば、世界中で日本語を学んでいる人たちは約300万人。

 でも、そんな海外の日本語学習者の姿を、多くの日本人は知りません。

 本書は、『月刊日本語』に長年連載したものをもとにし、国際交流基金が海外30カ国に派遣した
 日本語教師が活躍する姿を通して、海外の日本語教育の状況全体と、リアルな日本語教室の
 様子がわかるようにまとめあげたものです。

 各レポートには、各国の日本語教育歴年表、対日関係や日本語学習者数・教師数・機関数などの

 基礎データ、文化紹介などさまざまな情報が盛り込まれています。

≪本書で取り上げている30カ国≫
韓国、中国、インドネシア、カンボジア、タイ、ベトナム、マレーシア、ラオス、インド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イタリア、イギリス、フランス、アゼルバイジャン、ウクライナ、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、ハンガリー、ベラルーシ、ポーランド、ルーマニア、ロシア、シリア、イラン、サウジアラビア、エジプト、ケニア

 いろんな国に日本語学習者いるんですね!
        
          ↓

 世界の日本語教室から―日本を伝える30カ国の日本語教師レポート

 アジアのお国事情はこの本も面白いですよ。旅行記風♪スリーエーが書いてます

          ↓
 アジアのツボ 中国・香港・台湾・韓国
 アジアのツボ 東南アジア




 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加