スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十三課 名詞修飾・Vとき・~と

【文型】                            【助詞】

1、Vとき、Vます                   「を」(通過点)

2、V1、V2                    例) あの信号渡ってください

 

 

 

 

 

 

【新出語彙】

                            動詞まわします ひきます 動きます 触ります

 出ます 気をつけます 引っ越します

名詞: お正月 聖徳太子 法隆寺 音 建物 つまみ 故障 電気屋 機械 

保険証 交差点 信号 駐車場 角 道 xx仕方

                            副詞:他に

  【注意・NOTE】

1、V1とき、V2ます

       接続:辞書形またはタ形

       用法:A動作の時点・一定の幅を持つ状態の期間・時の概念から離れた「場合」

       動作は時の前・同時・後に起きる

       V1に来る動詞が「~る」になるか「~た」になるかはV2の時制とは関係なく

時間の前後関係によって決まる

→V1の後にV2の動作が行われることを表すには「~た時」を使う

) 会った時、おはようと言う

→V1の前にV2の動作が行われることを表すには「~る時」を使う

) 寝る時、窓を閉める

2、Vと、Vについて

) 春になると花が咲く

①AとBの形でAが成立すると、必ずBが成立することをあらわす。

②Bの前に、いつも・かならず・ぜったい などの言葉を補えるものが多い

③Bには話し手の意志的な態度(意志・命令・依頼・禁止・忠告・勧誘・希望)を表すことはできない

④「~て、~と…があります。」の文型では「~と、~と」のように「と」を2回重ねることはできない

)レストランはあそこを渡ると、まっすぐ行くと、右にあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。