スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二課 これ・それ・あれ

【文型】                                 【助詞】

1、これは N1です (N1=普通名詞・人名は除く)    [](種類)   これは 自動車 本です 

2、これは N1です、N2です             ②(所有)   これは わたし 本です

3、これは なんです                   ③(名詞代用) これは わたしです

4、これは N1N2です               

5、これは なんのN2です

6、これは N3N2です

N3:わたし・あなた・~さん」

7、これは だれのN2です

8、これは N3です

9、このN2は N3です

 

 

                                   【新出語彙】

名詞:辞書 コンピューター 本 傘 テレホンカード ノート 手帳 名刺 雑誌 自動車 かばん かぎ 新聞 ボールペン シャープペン テープ カメラ チョコレートコーヒー

あいさつ:これからお世話になります どうぞよろしく

お願いします こちらこそ あのう ほんの気持ちです  どうもありがとうございます。

《「どうも」と「どうぞ」》

どうぞ…相手に物を渡す時の言葉

どうも…相手から物をもらう時の言葉

 

【注意事項・NOTE】

1、こそあど言葉は 距離・場面の設定をしっかりする。

  こ:話し手の領域/そ:聞き手の領域/あ:話し手・聞き手以外の領域

2、「これ」と「この」の違いこれは~です/このNは~です 連体詞の「この」は必ず名詞がつく

3、「なに・なん/なに+の=なんの/だれの」答え方がそれぞれ異なる

  なんですか Nです

 なんのNですか 「の」は種類

 だれのNですか 「の」は所有

4、新出語彙が多いので絵カードなどの準備が必要

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
URL 2017-11-06 11:43

Re: 文型抜き出しについて

> はじめまして。養成講座に通っており、最近みんなの日本語を使っての文型の授業に入りました。そこで、「文型抜き出し」というものを提出しろといわれ、解説されたのですが、よく理解できず、Google検索でこちらにたどり着きました。その先生の解説では、上のkumoさんの解説のように【新出語彙】や【ノート】の欄で区切る形だったのですが、そもそも文型抜き出しとは何をするものかよくわかりません。その先生に聞けばいいのですが、その人は質問すると「説明したでしょ、何回も同じことを聞かないで」とか、分からない所を質問すると「その程度の事前知識もないのに質問しないで」と怒ってくる人で、クラスのみんなも萎縮してしまって誰も聞けない状況のため、こちらに質問しました。文型抜き出しとはなんなのか教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いします


→ 文系抜き出しとは、生徒に提示する例文の中から決まった文系の形を抜き出すことです。

【文型】
1 V(辞書形)+ところです
2 Vているところです
3 Vたところです
4 Vたばかりです
5 V(普通形)+はずです
  ナ形な
  名詞の

この部分です。


書店に行けばみんなの日本語の文系抜き出し関係の書籍が沢山おいてあるので立ち読みすると良いですよ。それにしても偉そうな先生ですね・・・。どこの学校だろ( `ー´)ノ 私は最近日本語学校の仕事は超減らしてます。趣味でやるなら最高に楽しいですが本職だと死ぬほど大変です。また趣味でやる人に教わる生徒は本気なのでその辺にギャップがあるのは事実です。

いろいろ大変なこと&楽しいことがあると思いますが頑張ってください。
kumo URL 2017-11-06 12:18

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。