月別アーカイブ:2009年09月

2009年09月の記事一覧。現役日本語講師がブログで実践授業テクニックや教え方を公開します!おすすめ日本語教材・関連本や勉強法も。
No Image

おすすめ日本語教材・関連本
 初級日本語の山場の一つ「て形」「ない形」などのフォームチェンジ。 中級になってもしばらくはミスが続くくらい難しいものなのでしょう。 ここができないとそのあとの日本語文法が壊滅的になり、一気に 生徒のモチベーションが下がってしまいます。今回はちょっとやっかいな 文法項目を歌って覚えてしまう教材を二冊紹介です 一冊目の本は日本人なら誰でもおなじみの童謡を使いながら楽しく文型練習が できます。例えば「...

記事を読む

No Image

授業テクニック公開
 塾がないのに学力世界一!? 授業時間は最小で、休みは多いし、宿題も少ない。 そんな国の教育は一体どうなっているのか? とくに読解力は国際学力調査(PISA)で 連続して上位に上がるこのフィンランドの教育法。同じ教師として、日本語教師の分野にも 応用できないかと、ちょっと本を読んでみました。 まず自分が目を付けたのは体験本です。学者目線や教師目線でなく、一人の学生が突然 フィンランドに留学することにな...

記事を読む

No Image

読んで良かった
よく音楽ができる人は数学が得意。数学は音楽と共通している部分があると言われますが、音楽と言葉の関係とは一体どんなものなのでしょうか? そんなことをこの本で考えさせられました今回の本は「耳で考える」という本なのですが、これはバカの壁で有名な養老猛司さんとジブリやNHKの音楽を作曲している久石譲さんという二人の対談形式で各専門分野の観点から音楽と脳や音楽と言葉、音楽と情報といった風に音を中心としながら...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
明治大学文学部 社会心理学科合格 韓国人男性私が明治大学に興味をもったのは大学資料にある「個を強くする大学」という文字に強く引きつけられたからです 小さい頃から私はどちらかと言えば、周りに合わせるタイプでした。そのため、相手の様子をよく観察し、会話の大きな流れを読みとったり、正しい発言をするために、関係の距離をおいて他人を観察する傾向が強かったと思います 私たち韓国人は相手を知るために何でもオープ...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
青山学院経済合格  中国人(女性) 学習計画 現在の中国はエネルギーの大量消費による経済成長を目指してきたましたが、公害なども問題も多く、北京オリンピックをきっかけに、環境意識が高まっています。 日本はハイブリッドカーやエアコン、・エコハウス・太陽電池など様々な環境技術が発達していて、中国と比べると環境に配慮した企業努力をしていると思います。自分の出身地である○○は石炭などの資源に恵まれ、そのせいか...

記事を読む

歌って日本語学習♪ 歌で覚えるフォームチェンジ

 初級日本語の山場の一つ「て形」「ない形」などのフォームチェンジ。

 中級になってもしばらくはミスが続くくらい難しいものなのでしょう。

 ここができないとそのあとの日本語文法が壊滅的になり、一気に

 生徒のモチベーションが下がってしまいます。今回はちょっとやっかいな

 文法項目を歌って覚えてしまう教材を二冊紹介です

 一冊目の本は日本人なら誰でもおなじみの童謡を使いながら楽しく文型練習が

 できます。例えば「条件形」は「めだかの兄弟」や「しあわせなら手をたたこう」で導入

 『大きくなったらなんになる♪』『大きくなったら、クジラに♪』

 『しあわせなら手をたたこう♪♪』『しあわせなら態度でしめそうよ♪』

 なんてかわいらしくジェスチャー付きで導入できます

 まさに、小さな子供の日本語学習に最適ですね
      
     ↓
歌から学ぶ日本語

 もう一冊は大人の日本語学習者でも使えそう。CDが二枚組みに分かれていて、

 前半ではフォームチェンジ、後半はジャパニーズポップスなどの聴解タスクに分かれています

 「泣かないで」で「ない形」を「踊ってサンバ」で「て形」を「君を守りたい」で名詞修飾を学習

 できます。その他にも助数詞の歌や受身形、やりもら表現など学習者がなららずつまずく

 ポイントを歌で楽しく学習できるようになっています。歌の初級日本語教材を探している人は

 必見の一冊だと思います。

 【 商品の説明 より 】

美しい歌詞やメロディー、楽しいリズムに乗って、歌いながら、日本語の文型や表現を効果的に
覚えることができるオリジナル歌教材です。日本語独特のアクセントやイントネーションも自然に
身につくように配慮されています。パート1「日本語で歌おう!」16曲、パート2「みんなが好きな
日本の歌」15曲の2部構成で、CD2枚組。

パート1では、日本語学習者にとってわかりにくい学習項目(助数詞、授受表現、敬語など)を、
ポップで親しみやすい歌を通して効果的に練習します。
パート2では、日本人ならだれでも知っている歌、だれもが好きな歌を紹介します
(楽曲提供:東芝EMI)。
  
     ↓
 日本語で歌おう!



 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第三十回 フィンランドメソッドに学ぼう! 子供向け日本語学習に最適かも

 塾がないのに学力世界一!? 授業時間は最小で、休みは多いし、宿題も少ない。
 そんな国の教育は一体どうなっているのか? とくに読解力は国際学力調査(PISA)で
 連続して上位に上がるこのフィンランドの教育法。同じ教師として、日本語教師の分野にも
 応用できないかと、ちょっと本を読んでみました。

 まず自分が目を付けたのは体験本です。学者目線や教師目線でなく、一人の学生が突然
 フィンランドに留学することになったらどんな体験をするのか?そんなことを考えて読んだのが
 「受けてみたフィンランドの教育」という本です

 これは高校生が民間国際教育交流団体であるAFSを通じてフィンランドに留学した体験記と
 それを送り出した、親の感想と分析が交互につづられるというもの。
 実際読んでみると、日本とは違う驚きと、感動がリアルに伝わってきてすごく面白いです。

 自分が興味をもった体験談は

 1 フィンランドの教育ではテストがほとんどエッセイなどの記述式。穴埋めはない。
  
 2 テストの制限時間がない!朝から夕方までエッセイを書いていても良い

 3 フィンランドの大学は全て無料 学費以外に昼食と軽食も無料(ただしまずいらしい(笑))

 4 テスト前の合い言葉は「読んだ?」エッセイ式のテストなので読むことが勉強

 というもの。新聞等で知っていたのですが、それを女子高生の新鮮な目線で語られると、

 自分も留学している気分になりました。

 さて、前置きはこれくらいとして、実際に日本語教師の授業として具体的に使えるものはないか
 形になっているものはないのか?という視点からのお話です。今回参考にしたワークシートは
 「フィンランドメソッド実践ドリル」です。そこから得られる指導方法を3つ分けたいと思います。


 1 発想力の養成法

 これはカルタというものを使います。簡単に言うとマインドマップと同じ。あるキーワードをきっかけに
 どんどん発想をのばし表現するもの。ドラゴン桜でまた注目されたメモリーツリーなどいろんな
 暗記法につながる方法です
  
 これは授業テクでも紹介した「偏愛マップ」にも応用されていますし、最近は小さい子供の日本語
 学習者の語彙獲得に効果があると思っています。例えば「火」というものから連想される言葉を
 マッピング化。燃える、焦げる、消防車、やけどなどの語彙をどんどんマッピング化して覚えて
 もらいます。その時活躍するのがBEST本で紹介した、初級の頃から使える「ことば絵辞典」です
 イラストを見ながら夢中になって書く姿を見て、どんどん取り入れて行きたい方法だと思いました


 2 論理力・表現力の養成法

 これはキーワード作文やフォーマット作文、絵をみて描写、マンガにコマを吹き込むなどの
 実践テクニックにつながる事でしょう。

 キーワード作文とは、例えば「携帯電話、お礼、パソコン、コンビニ、自動車」というランダムの
 キーワードをできるだけ使って文章を組み立てる方法。日本語教師の授業だと文型練習に
 語彙の制限を加えたものになるのかもしれません。

 フォーマット作文とは一つの質問に対してあらかじめ作られたフォーマットを埋めることで論理性を
 養うというもの。
 例えば「あなたの好きな乗り物は?」 答え○○ なぜなら○○ それに○○ また○○
 のように中上級の日本語学習者が苦手とする接続詞練習につながってくる事でしょう。

 マンガの穴埋め作文とは四コママンガの途中を空欄にして文脈を把握した上で会話を
 考えてもらうというものです。おすすめ本の中では「コボちゃん(今回は対訳版)を
 紹介しましたが、敬語に関する四コママンガなどを使って場面別の敬語を考えてもらうのも
 良いと思います。島耕作シリーズなどは英訳もされているし、ビジネスジャパニーズの勉強法
 として生徒の興味をそそるかも知れません

 3 批判的思考力の養成

 これは異文化理解のテキストなどとつなげて、お互いの異文化衝突を理解したり、文章や
 広告の批判、意見文からディベートなどにつながる教材を考えると良いでしょう。
 最近盛り上がったのは日本のテレビCMの批判やスポーツニュースの芸能記事の批判文を
 書かせるというものです。良かったらやってみて下さい。

 どうでしょうか?授業テクニックも第三十回ということでちょっと長めの文章になってしまいました
 いつも頭にあるのは「精神論ではなく具体性」(できれば明日からできる即効性)と思いっています
 まだまだ自分も勉強の途中ですので、試行錯誤を繰り返している最中ですが、少しでもこれから
 日本語教師を目指そうとしている人。現役の卵教師の参考になれば幸いです。
 面白い授業アイデアいつでも募集しています。失敗は成功の元!どんどんチャレンジしましょう!

 PS 日本語教師のブログ3万人突破しました。一ヶ月五千人!? う~ん。う~ん。沢山来てるな
    ありがとうございます!



 
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉と音楽の関係は? 耳の力を信じよう♪

よく音楽ができる人は数学が得意。数学は音楽と共通している部分があると言われますが、

音楽と言葉の関係とは一体どんなものなのでしょうか? そんなことをこの本で考えさせられました

今回の本は「耳で考える」という本なのですが、これはバカの壁で有名な養老猛司さんとジブリや

NHKの音楽を作曲している久石譲さんという二人の対談形式で各専門分野の観点から

音楽と脳や音楽と言葉、音楽と情報といった風に音を中心としながら様々な話が展開されています

この本を読んでハッと気づいたのですが、現代人(というか男性なのでしょうか?)はどうしても視覚

中心で物事を把握してしまう傾向があるのだと思いました。よく考えると、著書中で言及されてる

とおり、小川のせせらぎなんていうのは川だけでは成り立たない音の世界であるし、私たちが

絵を見て感動して泣くのより、音楽を聴いて感動することが多いのはそれだけ耳と脳との距離と

その関連性の大きさなんだなと実感しました。

言語はやはり耳から入ってくるというのも脳科学から説明されると納得の解答。映画を見ている時

映像と音楽は同時に流れているのに、光より遅いはずの音のを脳は先に処理したがるそうです

う~んなるほど。他にもいつもの「虫の話」なんかもでてきて面白い。

鳥の鳴き声を音楽としてとらえる欧米と、虫の鳴き声を音楽としてとらえる東洋とか

結構言語に関する話題が多いのも特徴です。絶対音感って言語野にあるって初めて知りました。

聴覚野にあると思っていたのに・・・。そういう意味で音楽は言葉なのかも知れません。

結構養老さんが話を引っ張っていろいろな分野に話題が飛ぶのですが、一本音楽という筋が

通っていて、音楽を通じて見通せる世界が非常に興味深く、こころに残った一冊でした


耳で考える ――脳は名曲を欲する (角川oneテーマ21 A 105)

【 せっかくだから久石譲さんの音楽も! すてきですね】




 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書 実例4

明治大学文学部 社会心理学科合格 韓国人男性

私が明治大学に興味をもったのは大学資料にある「個を強くする大学」という文字に強く
引きつけられたからです

 小さい頃から私はどちらかと言えば、周りに合わせるタイプでした。そのため、相手の様子を
よく観察し、会話の大きな流れを読みとったり、正しい発言をするために、関係の距離をおいて
他人を観察する傾向が強かったと思います

 私たち韓国人は相手を知るために何でもオープンに話し、初対面であっても、学歴・年齢・
恋愛関係など関係を深めるための質問をします。

しかし私はそのような個人のプライバシーに土足で踏み込むことに違和感を感じた事が何度か
ありました。それはむしろ「ためらい」と言った方が正しいかも知れません

 それはわかりやすい情報や表面的なことで、すぐに他人を判断し、自分たちが安心しようと
することにたいするものでした。

 人を理解するためにはそれなりの時間と手続きが必要だと思うのです。それがお互いの理解を
深めることにつながっていくのではないかと思うのです。

このような私は、日本人の「考えを知り、時間をかけて相手を知ろうとする文化」にあこがれを持つ
ようになりました。こうして、人に対する興味が心理学という分野につながりました

 日本に来て心理学について色々調べてみました私はこのような性格なので個人の内面的な
分析をする分野に興味を持っていたのですが、パンフレットを読んで心理学は環境面など
別の角度からとらえてみる必要があると考えるようになりました。

その点、貴校は一二年次に心理学、社会学の両面を学べるので、時間をかけて専門性を高めて
いくことができ、理想の学校であると思います。

また貴校の授業はは「現場性・実践性を重視した授業である」と書いてありましたので、頭だけの
知識にとどまらず、実践に即した学習や、経験に基づいた理論が学べると期待しています

 先日、大学の雰囲気を実際に自分の目で確かめたいと思い、オープンキャンパスを体験しましたが、
質実剛健な雰囲気に強くひかれました。

先生から明治大学は後輩の面倒見が良く、いろいろな相談にのってくれると聞いたので安心しました

 韓国のサイワールド・日本のミクシーに見られるように、個人の情報や考え方、そして性格までも
ネットに氾濫し、しかもそれが手軽に検索できるようになった今、自分の個性とはなんなのか、
数ある他人の意見の寄せ集めにすぎないのではないかという疑問がわいています

 ある記事で、個人の検索履歴やブログのキーワードからその人の人物像を割り出すことができる
ような世界が来ると言うことを知り、怖くさえなりました。

 ネット社会で相手のことをよく知ることはとても難しいのではないかと思うのです。個を強くするとは
どのようなことでしょうか?

 相手を知るとはどういうことなのでしょうか?パンフレットにもありましたが、パーソナリティとは
どのようなことを意味するのか、そしてパーソナリティの成熟とは何なのか、これが現在の疑問に
対する答えにつながっていくのではないかと思うのです。

 現在の韓国社会ではまだ心理学の分野が受け入れておらず、学校・会社等でも人間を心理面から
見ていくことに力を入れていないように思います

 様々な社会問題に関するケーススタディを学ぶことで、今後韓国でおこるであろう問題に対処する
事ができ、また日本と韓国社会への貢献がしたいと強く願っています


講評:よくある上から目線の「心理学のプロになって患者を治してあげたい」というスタンスではなく
    自分も迷いながら勉強したいとストレートに感じさせられる文。明治の心理は字数が多いが
    日本語だけの勝負なのでじっくりと志望理由書を吟味して欲しい

【 学生へのお願い 】

※ 参考にするのは構いませんが、コピーしてそのまま書くのはやめてください。



 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書 実例3

青山学院経済合格  中国人(女性) 

学習計画

現在の中国はエネルギーの大量消費による経済成長を目指してきたましたが、
公害なども問題も多く、北京オリンピックをきっかけに、環境意識が高まっています。
 日本はハイブリッドカーやエアコン、・エコハウス・太陽電池など様々な環境技術が発達していて、

中国と比べると環境に配慮した企業努力をしていると思います。自分の出身地である○○は石炭
などの資源に恵まれ、そのせいか、どんどん日本の企業を誘致しており、日増しに日本企業との
結びつきが強くなっているのを感じます。

 私は世界的な原油・資源高の中において、エネルギー効率を高めることが、
どのくらい経済性を生み出すのかを勉強したいと思います。
やはり経済性を考えなければ単に地球を守ろうと言っても、人々は動かない
のではないでしょうか。 

その点、この学部は数字や統計などわかりやすく、説得しやすい形で
人々にアピールできる力がつくと思います。是非この学部で学んだ知識を活かし、
これからの国際社会に貢献したいと思います。 


卒業後の計画

自分は中国語・韓国語・日本語ができるので、大学で英語力を身につけ
国際貿易関係の仕事に就きたいと思っています。洞爺湖サミットの時に、環境技術に強い
日本企業に関するテレビ番組を見たのですが、それから日本の技術に強く関心をもつようになりました

できることなら日本の就職してどのような企業活動があるのかを実感として理解し、
日中両国に良い関係を築きあげたいと思います

また、大学時代に専門分野を考えながら、大学院進学も視野に入れようかとも思います
現在の中国は様々な分野で基準があいまいです。

貴校で身につけた分析・統計などの方法や、経済的な視点からものを見る力は、
これから生きていく上で必要不可欠な力になると信じています。


課外活動 その1

 以前水族館のボランティアをやっていたことあるのですが、きれいな海とかわいいイルカを見て
単純にこの自然を守りたいと思うようになりました。日本は本当に川と山が美しい所です。
 東京も少し離れると豊かな自然があり、休日に近くを散策しています。私は人と話すのがなにより
好きなので、NGOのようなグループ活動が大学にあれば是非参加したいと思います

課外活動 その2

 高校生の時は学生自治会の議長や文化委員を務めていました。主にクラス行事などについて
意見をとりまとめる仕事ですが、みんなで一つのものを作り上げる喜びをしりました。
特にみんなでやった寸劇は良い思い出です

講評

経験や現状分析を素直に学部の志望理由につなげている。やりたいことを全面に
大学を無理にほめるセールス文になっていないのがポイント
 
【 学生のみなさんへ 】

注:参考にするのはかまいませんが、コピーしてこのまま使わないで下さい

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます