カテゴリ:日本留学試験 大学入試

日本留学試験 大学入試のカテゴリ記事一覧。現役日本語講師がブログで実践授業テクニックや教え方を公開します!おすすめ日本語教材・関連本や勉強法も。
No Image

日本留学試験 大学入試
2010 立教大学心理 明治学院大学心理 合格 日本語350 総合190 韓国人男性私が貴校を志望する理由は大きく分けて二つある。一つ目は日本がメディアの影響と信頼性をどう勝ち取ったのかを研究することだ。というのも私は軍隊にいる時、警察に配属されてデモ隊を鎮圧する仕事をしたが、集会の中には中高校生も混ざっており、彼らはただ、ネットのデマを見て集まっただけで集会の内容と原因は全然理解していなかった。若者が日ご...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
法政大学 専修大学合格 2010私は韓国で7年間レストランのマネージャーとして働いた。学歴が重視される韓国で、大卒ではない私が重要な業務につけたのは、学歴より能力を重視する社長の経営哲学のおかげだった。でも未だ学歴偏重主義のシステムの中で正当な評価を受けることができない韓国人は多い。私はこの事から、いつも教育問題に関心を持っていた。その後レストランの日本進出をきっかけに日本留学を決意し、日本でこの社会...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
2009 関西学院大学 教育学部合格 韓国人男性     父が中学校の教師なので、父の仕事を見て教育に興味を持ちました。教育の中でも特に社会的に弱い人を助ける社会教育に興味を感じました。  高校生の時、友達と「RCY」というボランティア団体で外国人や高齢者に「ハングル」を教えました活動しながら経済的な問題でやめる人々が多いのを見て社会的な活動をしながら収入も得られると良いなと思いました。 現在、日本と...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
今回の留学試験の感想ですが前回平均点が高すぎた総合科目は 平年並みとなり、理数が難化、センター試験レベル以上を要求する 問題が多くなってきています。これで大学の赤本半分以下でも外国人特別枠 という名の下、日本語だけで国立を含む有名私立大学にさくさく受かるという 現象も落ち着くのでしょうか? それにしても気になるのは留学生30万人計画に基づき、国際化拠点大学に 指定されている以下の大学です 詳しくはこちら...

記事を読む

No Image

日本留学試験 大学入試
 韓国人男性 高校の時、建設建築というのは総合的な思考ができる事に魅力を感じました 建物の意匠的、構造的な知識はもちろん、誰のための建築か、どんな目的で 使う建物かによってさまざまな知識が必要です それはとても多くを学ばなければらりませんが、それだけにすばらしい仕事だと 思います。 芸術作品は美術館や展示会に行かなければ見られません。でも建築物は いつでも見ることができます。さらに建築物は芸術品で...

記事を読む

志望理由書 実例8 立教大学 心理(他)

2010 立教大学心理 明治学院大学心理 合格 日本語350 総合190 韓国人男性

私が貴校を志望する理由は大きく分けて二つある。一つ目は日本がメディアの影響と信頼性をどう勝ち取ったのかを研究することだ。というのも私は軍隊にいる時、警察に配属されてデモ隊を鎮圧する仕事をしたが、集会の中には中高校生も混ざっており、彼らはただ、ネットのデマを見て集まっただけで集会の内容と原因は全然理解していなかった。

若者が日ごろのストレス解消のため、デモに参加し、暴走化するという話はよくあるが、韓国のBSEのデモと、その後のアメリカ牛肉の輸入再開への変わり身の早さを考えると、海外に出てマスコミという力をもう少し冷静に分析し、ジャーナリズムの能力を鍛え、将来的にはジャーナリストとして活躍したいと思うようになった。

 二つ目は、韓国で始まる予定のクロスオーナーシップ制度が韓国メディアにどのような影響を与えていくのかを研究するという目的がある。日本は早くからクロスオーナーシップを取り入れ、新聞社の取材力をテレビ放送に生かすなど、相互補助的な役割を果たし、またテレビに新聞社や専門家などのコメンテーターを招いてニュースに厚みを持たせるなどの工夫をしてきた。

実際テレビを見ても、個性豊かなコメンテーターがニュースに登場し、時には討論になったりするので、日本に来てからますますニュース好きになってしまった。この制度は独立性という観点からみると、批判も多いと思うが、逆にメリットも多いはずだ。先日、オープンキャンパスに参加し、メディアによる中国のイメージの操作や納豆ダイエットに関する誤報等によってメディアリテラシーが乱される危険性を学んだ。

その際に貴校の特徴としてインターンシップ制度や赤レンガ講座など直接マスコミ業界と触れ合う機会があると聞き、とても魅力を感じた。私は以上のような理由から充実したカリキュラムのある貴校で学び、国際的なジャーナリストを目指したいと思う。

講評

知識は十分あったが体系立てて志望理由書の形にもってくるのに一ヶ月以上かかった。最新の情報をうまく取り入れ使い回しではないものになっている。

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書 実例7 法政大学教育

法政大学 専修大学合格 2010

私は韓国で7年間レストランのマネージャーとして働いた。学歴が重視される韓国で、大卒ではない私が重要な業務につけたのは、学歴より能力を重視する社長の経営哲学のおかげだった。でも未だ学歴偏重主義のシステムの中で正当な評価を受けることができない韓国人は多い。

私はこの事から、いつも教育問題に関心を持っていた。その後レストランの日本進出をきっかけに日本留学を決意し、日本でこの社会の仕組みを打開する方法を学びたいと考えるようになった。

日本と韓国の教育文化は日本と韓国の教育文化はよく似ている反面、違う部分もある。例えば、韓国では科挙の歴史から始まる詰め込み教育だが、日本では高度成長時代に優秀な労働者の育成を目的にして実施された画一的な詰め込み教育の例は類似点と言えるが、日本は江戸時代の寺子屋の教育システムのように、学びあい、教えあいの場を早くから実施してきた



現代のいじめや引きこもり、教師のストレス障害などの原因も、さかのぼってみれば経済の急速な発展とともに必要とされ現在まで続いている偏差値教育や受験戦争が経済成熟期にさしかかった日本や韓国などの先進の社会教育にかみ合わなくなりあらたな教育システムが要求される時代になってきたことを表わしているのだと思う

最近日本は教育改革に拍車をかけ、まだ賛否両論があるが、学校選択制や教員評価制など教育の質を高める意識が高まっている。また日本は韓国より新しいシステムが議論され開発されている例が多く、「学び共同体」や「世の中」のような新しい形の教育団体が、

地域社会、教師、学生、保護者一体となる新しい教育の在り方を模索し始めている例もある。私も点数では測れない部分の才能を伸ばし、感性を育てられるような教育産業を立ち上げ、学歴偏重社会の歪に苦しむ子供たちを助けられるような教育者になりたいと思う。
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書 実例6 関西学院大学

2009 関西学院大学 教育学部合格 韓国人男性    

 父が中学校の教師なので、父の仕事を見て教育に興味を持ちました。教育の中でも特に社会的に
弱い人を助ける社会教育に興味を感じました。
 
 高校生の時、友達と「RCY」というボランティア団体で外国人や高齢者に「ハングル」を教えました
活動しながら経済的な問題でやめる人々が多いのを見て社会的な活動をしながら収入も得られると良いな
と思いました。

 現在、日本と韓国は多文化社会、高齢化、経済格差などが問題になっています。このような問題を解決する
ために、NPO、NGO,社会的企業が注目されるようになりました。特に、NPO団体とベンチャー企業の
間の形で、途上国に安く薬品を提供する「one world health」や、使わない家具を集めて、学校や低所得層に
安い値段で販売する「グリーンワークス」などが活躍しています

 私は、教育の社会的企業を作りたいので、日本の中でも「育て上げnet」という団体に興味を持ちました。
「育て上げnet」は2001年に作られた社会的企業で、就職できなかった18~30歳くらいの若者たちの職業訓練
をしたり、相談にのってあげたり、その若者たちの社会進出や経済的な自立を助けてくれます。
その他「育て上げnet」「渋谷大学」など以外にも教育関連の社会的企業を作った人々は30歳ぐらいの
若い人が多いです。

 関西地域は、NPO団体が多く、活発に活動していて韓国のNPO団体が学びに来たり、お互いに交流
しています。ですから、大学内の勉強だけでなく、地域社会の経験も得られると思いました。

 貴校は社会企業について専門的に学べる初めての学科がある大学であり、学校のモットー
「Mastery for service」は、社会企業の精神と合っていると思うので、私は理想の大学だと思いました。
 
オープンキャンパスの時、在学生の発表の時間に「パピルス」という名前で発表した多文化社会の問題を
子供の教育で解決しようとうする計画は、半年ぐらい学んだ学生の発表としてはかなり具体的でびっくり
しました。また、模擬講義の最後には教授が「あなたは、自分ひとりで生きたいですか?他の人々と一緒に
幸せに生きたいですか?」とおっしゃった言葉に感銘を受けました。

 ぜひ貴校で、社会企業について学んで、日本と韓国をつなげられるような人になって、自分だけでなく
皆が幸せになる社会を作りたいです。

 講評

 教師側からのネタフリを参考にして、しっかりとした資料をもとに何ヶ月もかけて作った努力が実っている。
 留学試験の日本語は200点台とかなり厳しかったが、志望理由書のできばえで逆転合格した好例だと思われる。 面接練習の際もかなり踏み込んだ質問に対しても答えられていた。やはり外国人に求めれるのは日本語力+αの
 社会力なのだろう。

【 学生へのお願い 】

※ 参考にするのは構いませんが、コピーしてそのまま書くのはやめてください。

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月の留学試験の結果と感想

今回の留学試験の感想ですが前回平均点が高すぎた総合科目は

平年並みとなり、理数が難化、センター試験レベル以上を要求する

問題が多くなってきています。これで大学の赤本半分以下でも外国人特別枠

という名の下、日本語だけで国立を含む有名私立大学にさくさく受かるという

現象も落ち着くのでしょうか?

それにしても気になるのは留学生30万人計画に基づき、国際化拠点大学に

指定されている以下の大学です 詳しくはこちら

 

国立大学

私立大学

東北大学 

慶應義塾大学

筑波大学

上智大学

東京大学

明治大学

名古屋大学

早稲田大学

京都大学

同志社大学

九州大学

立命館大学

大阪大学

 


 
今後指定大学はどんどん増えるようです。

去年は明治の国際日本語学部にかなり助けられましたが、

その反動は怖いところ。早稲田の政経は今年かなり留学試験の点数低く

ても合格できてたようで、流れを読みきるのは難しいです。去年の筑波と名古屋

を見ても生徒のうわさによって穴場がでてしまうものですね。

願書を見て思ったのですが、有名国立大の求めるTOEIC平均が400以下って

ちょっと楽すぎる気が(><) 350以下のところもゴロゴロあります

いや、日本語も英語も要求したいというのが外国人には厳しすぎるのかな?

確かに自分も英語で総合科目をやりつつ別に中国語とか韓国語の一級+バイト

と考えると吐き気がする。う~む難しい・・・。日本人と外国人の受験生に

両方教えてたので、どうもこのバランス感覚に悩みます。みなさんは留学試験どう思います?

やさしすぎる?難しすぎる? どちらでしょうか??

PS やっと留学試験が終わって、本が読めます。留学試験を受けた受験生のみなさん
 
   本当にお疲れ様でした!!
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志望理由書実例 5  建築学科

 韓国人男性

 高校の時、建設建築というのは総合的な思考ができる事に魅力を感じました
 建物の意匠的、構造的な知識はもちろん、誰のための建築か、どんな目的で
 使う建物かによってさまざまな知識が必要です
 それはとても多くを学ばなければらりませんが、それだけにすばらしい仕事だと
 思います。

 芸術作品は美術館や展示会に行かなければ見られません。でも建築物は
 いつでも見ることができます。さらに建築物は芸術品でもあり、私たちの
 実生活ともつながっているいます。
 私は建物を建てるという根源的な目的も常に考えながら、私の価値観を
 表現できる建築家になりたいと思っています

 韓国の大学で建築を勉強していたとき、授業で安藤忠雄の建物を見ました
 私は建物と自然をどうやって調和させるのかに関心がありました。
 安藤忠雄の建築は、例えば光の教会・水の教会など、あまり広くない空間
 でも光とか水を建物に引きずり込むことがすごいと思いました。
 特にAzuma houseは空間を効率よく使い、光を利用していることがとても印象に
 残りました。

 そして今、世界は環境にも配慮したエコ建築に注目しています。私は日本へ来て
 すぐにその例を見ることができました。安藤忠雄が設計した副都心線の渋谷駅は
 地下にある巨大な建物ですが、自然に換気ができたり、天井に冷水管を敷設する
 冷房方式にしたと雑誌でみました。

 また洞爺湖サミットの国際メディアセンターでは雪を利用して冷房したり、段ボールで
 排気管を作ったりしているのを見ました。そういうことを考える事も建築家の仕事だと
 思います。「設備とかの仕事じゃない?」という人もいますが、設計の段階で、
 このような視点は必要になってくると思います

 日本では環境建築について韓国より関心が高く、色々な研究が進んでいると韓国の
 大学教授に聞きました。実際、日本でテレビを見たら普通の会社がエコを強調した
 広告をたくさんだしていました。それほど日本では環境について感心が高いことが
 わかりました。

 貴校では一年生の時から建築設計がはじまるところがいいです。建築設計・
 計画と建築・熱・空気・光・音など環境建築について学びたいことを学べます
 以上の理由で私は○○大学を志望します

 講評
 
 出だしは一般論に始まっているが、後半は自分が日本で体験した気づきを
 をもとに文章を書いているので引き込まれる。「いろんな」というあいまいな
 言葉は入れないで欲しい。
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます