カテゴリ:日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験のカテゴリ記事一覧。現役日本語講師がブログで実践授業テクニックや教え方を公開します!おすすめ日本語教材・関連本や勉強法も。
No Image

日本語教育能力検定試験
日本語教育能力検定試験まで、あと一ヶ月近くにせまりました。この時期からは過去問や検定用の模擬試験、音声学の勉強などが有効だと思われますが、ふと自分の勉強時代を振り返って、検定試験の勉強と同時に使っておけば良かったという教科書を思い出しましたこれは今でも日本語初級を教えるときに見直すのですが、文法論と技術論の両面から書いてある指導書で、実習前や検定時に感じる「こんな勉強して実践に役に立つの?」という...

記事を読む

No Image

日本語教育能力検定試験
  そろそろ日本語教育能力試験対策も佳境を迎えているころではないでしょうか? 書店をあるいていたら、試験対策の新刊が出たのでお知らせします。 分野別に並べられているところや、ボリュームなどはそのままで、  従来の日本語教育能力検定試験 傾向徹底分析問題集と作りは変わっていません。 裏技で紹介したように、ある程度理解が固まったら、この問題集にどんどん答えを書き込み  (穴埋め式の問題がほとんどなので...

記事を読む

No Image

日本語教育能力検定試験
  最近、メールで数名から日本語教育能力検定試験対策に対する質問をいただいたので、 ちょっと今回は検定対策を考えてみようと思います。 自分は日本語科だったので、当時でもなんとなく、日本語学という学問の全体を見渡すことが できましたが、確かに他学科の学生さんや社会人の方はどこからどう手をつけて良いかわから ないかもしれませんね。本当は420時間養成講座とか、日本語教育能力検定対策講座のある 学校でし...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検定時に見ておきたい指導書  他校の技術を比べてみては?

日本語教育能力検定試験まで、あと一ヶ月近くにせまりました。

この時期からは過去問や検定用の模擬試験、音声学の勉強などが

有効だと思われますが、ふと自分の勉強時代を振り返って、

検定試験の勉強と同時に使っておけば良かったという教科書を思い出しました

これは今でも日本語初級を教えるときに見直すのですが、文法論と技術論の

両面から書いてある指導書で、実習前や検定時に感じる「こんな勉強して実践に役に立つの?」

というふつふつと湧き上がる疑問への答えになっている気がするんです。

長い目で見れば420相当の知識は必須だと思うのですが、現場のイメージとはどうしても

リンクできずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回は日本語能力試験対策時に勉強したら身にしみるのではないかと思う本

ということで、にほんご90日 教師用Navi 初級文法ハンドブックを紹介します

この本はたんなる指導書というよりも、文法書+教案に性格がちかいと思います

S⇒Tのモデル発話は少ないのですが、その分、文法的考察や生徒の誤用例

指導のときの注意点などみんなの日本語指導書とは別の角度からの示唆を与えてくれるはずです

ヒューマンらしく丁寧なつくりです。420の養成講座でヒューマンアカデミー以外の人は

他校の指導法と自分の日本語学校の指導法を比べるのも非常に参考になると思います

もっと早く紹介すべきでしたが、これから勉強を始める人にはBESTにいれた「ことば」と共におすすめです!

        ↓

   にほんご90日 教師用Navi 初級文法ハンドブック
   

※ 直接日本語教育能力検定試験の点数UPに結びつくというわけではないと思います。

  記述には役立つと思いますが、今は直前なので過去問の方が効果的だと思います

スポンサーサイト
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語能力試験対策問題集 新刊でましたね

 
 そろそろ日本語教育能力試験対策も佳境を迎えているころではないでしょうか?

 書店をあるいていたら、試験対策の新刊が出たのでお知らせします。

 分野別に並べられているところや、ボリュームなどはそのままで、
 
 従来の日本語教育能力検定試験 傾向徹底分析問題集と作りは変わっていません。

 裏技で紹介したように、ある程度理解が固まったら、この問題集にどんどん答えを書き込み
 
 (穴埋め式の問題がほとんどなので)それを参考書にするのも有効かなとおもいます

 【 書籍紹介より 】


 日本語教育能力検定試験」のことは、日本語教師を目指す人なら一度は耳にしたことが
 あるのではないでしょうか。それも、「とても難しい」という噂とともに……。

 実際に、検定試験の出題範囲を見てみると、その範囲の広さに一瞬たじろいでしまいます。
 いざ勉強を始めてみると、覚えることがたくさんありすぎて、不安になってしまうこともあるでしょう。

 そこでお勧めなのが、『2007~2009年度 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集』です。
 本書は、受験生のバイブルともいえる年度版ムック『日本語教育能力検定試験 合格するための本』
 (現:『平成21年度日本語教育能力検定試験 合格するための本』)の問題と解答3回分をまとめたもので、
 ボリューム満点の332ページ。

 もちろん、聴解対策用CDも付いています! 勉強法は人によりさまざまですが、合格者に話を聞くと、
 年度版ムックや分野別対策で基礎知識が身に付いたら、あとはひたすら問題を解いてパターンに
 慣れておく、という方法が効果的なようです。

 本書を、実力試しや受験勉強の仕上げに、ぜひお役立てください!

日本語教育能力検定試験 合格するための問題集〈2007~2009年度〉

 【 書籍紹介より 】

 人気の試験対策講座が1冊の書籍になりました!

 外国人に日本語を教える日本語教師には必携の「日本語教育能力検定試験」対策本の決定版が
 ついに登場!
 当試験に多くの合格者を輩出してきたヒューマンアカデミーの講師陣が、それぞれの
 専門分野を徹底分析し、執筆しています。

 幅広い試験分野を過不足なく1冊で学習できるよう、解説。実力を測る練習問題も付いています。
 聴解試験対策には付属CD-ROMを、記述問題には
 模範解答のほか添削例を入れるなど、独学でも十分学べるようになっています!


 日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド (CD-ROM付)



 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語教育能力試験対策  最短を目指す勉強法を考える

 
 最近、メールで数名から日本語教育能力検定試験対策に対する質問をいただいたので、

 ちょっと今回は検定対策を考えてみようと思います。

 自分は日本語科だったので、当時でもなんとなく、日本語学という学問の全体を見渡すことが

 できましたが、確かに他学科の学生さんや社会人の方はどこからどう手をつけて良いかわから

 ないかもしれませんね。本当は420時間養成講座とか、日本語教育能力検定対策講座のある

 学校でしっかり勉強するのがBESTだと思いますが、いろいろ事情がおありだと思いますので、

 独学で勉強する時の順番を紹介したいと思います。あくまで一例です(><)

 
 題して「日本語教師ってなんですか??」というゼロレベルからの独学法!

 1 日本語教育能力検定試験合格するための本

 2 日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識50

  まずはこの2冊で検定の概略をつかみ、勉強の方向性を考える

 3  合格水準日本語教育能力検定試験用語集

 この段階で用語集を手に入れる、これからの勉強にあたり、知らない言葉はこれで引き
 マーカーでチェック!最終的には全てこの用語集の言葉を覚えることになるでしょう。

 4 日本語教育文法講義ノート―書き込み式でよくわかる

 5 よくわかる文法―日本語教育能力検定試験対応

 この二冊で日本語教師の基本技術となる「日本語文法」を勉強。用語集を参考に

 6 よくわかる言語学

 7 よくわかる教授法

 8 よくわかる音声

 6~8の三冊はどのみち必要でしょう。頻出の箇所なのでこれだけは!

 さらに よくわかる日本語史よくわかる語彙 などもやると基礎が固まります。社会言語学異文化理解も!

 が、ここでウルトラ技として1~3までそろえたら

 ☆ 合格水準日本語教育能力検定試験問題集

 ☆ 本語教育能力検定試験 第16回~第18回傾向徹底分析問題集

 この二冊にいきなり突入。基本は穴埋め式なのでわからない言葉をどんどん赤ペンで書き込み
 この2冊を参考書にしてしまう技もあります!

 その場合もやはり「用語集」は必要ですね。この方法で合格した人もいます。超最短です!

 記述対策としては

 ☆ 日本語教育能力検定試験に合格するための記述式問題50

 音声対策としては

 ☆   日本語教育能力検定試験 音声パーフェクト対策

 最後のまとめ一問一答としては

 ☆ 一問一答形式による日本語教育能力検定 全重要語チェック集

 があります。アドバイスとしてはとにかく過去問・過去問です!よかったら参考にしてください!

 講座に通いたい人は資料請求は無料なので取り寄せてください。アーク・ヒューマンはオリジナル
 検定対策テキストありますよ。10万円くらいかかります。
         
       ↓
 日本語教育能力検定直前対策講座(1ヶ月)
 
 こっちは有名な通信教育ですね
       ↓
 
 抜群の検定合格率!「NAFL日本語教師養成プログラム」

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。