• ホーム
  • »
  • おすすめ日本語教材・関連本

カテゴリ:おすすめ日本語教材・関連本

おすすめ日本語教材・関連本のカテゴリ記事一覧。現役日本語講師がブログで実践授業テクニックや教え方を公開します!おすすめ日本語教材・関連本や勉強法も。
No Image

おすすめ日本語教材・関連本
みんなの日本語が終わった後くらいから次のステップへ移る段階でやはり学習者のネックとなってくるのが「漢字」生教材が徐々に入りだし、一回の授業で入ってくる語彙量が格段に増え続けていきます。今まで漢字の学習に関しては日本語教材の漢字コーナーはもちろん、受験国語の教材コーナーや一般図書の書道コーナーなどいろいろなものを試してきましたが、ふとみかけた小さな本屋でかなり自分のイメージと重なった漢字学習本があっ...

記事を読む

おすすめ日本語教材・関連本
いや~ひどい風邪をひきましたゴホゴホ(><)ブログの更新ぜんぜんやる気になれず・・・。なんか3ヶ月に一回くらい外国製のひどい風邪にやられる癖がついてしまった(笑)それにしても日本語教師って風邪をひきやすいと思いませんか? 教室には風邪ひきさん達があふれているし、授業中は声を出さずにはいられない商売だし。みなさんは風邪予防どうやってやっているのでしょうか?のどが痛くなってからうがいしても全く効き目が...

記事を読む

おすすめ日本語教材・関連本
 今回のおすすめ本はBESTの中でも紹介した 「絵で分かる日本語使い分け辞典」や 「場面別日本語表現」同様、この本もマンガを 読んでいるうちにすらすら日本語が頭に入ってくる参考書です! 中上級になって日本語がある程度理解できるようになってくると、 周りの日本人は教科書を離れた日本語を使っていて、 ぜんぜん意味が分からない!是非これらの表現を教えて欲しい。 というニーズは多いのですが、それを中々まとめ...

記事を読む

No Image

おすすめ日本語教材・関連本
今回は日本語にどんどん増え続けているカタカナ語をマスターする本を紹介基本的に自分は第一印象を重要視していて、ぱっと見て自分が楽しい気持ち勉強したくなる気持ちになる本を選ぶようにしています。使い込めば使い込むほど味がでる教材も多いのですが、大体一冊の教科書に集中して学習できる期間は長くても3ヶ月くらいで、それ以上だとレベルが上がったり、モチベーションが下がったり目的が変わったりして、使わなくなってし...

記事を読む

No Image

おすすめ日本語教材・関連本
普段お世話になっている日本語駆け込み寺の運営をなさっている目黒真実さんの著書ということもあって、留学試験前の読解問題として購入してみました。留学試験の読解問題としてはチャレンジテキストや実践問題集を使っていたのですがどうもチャレンジテキストなどは難易度がやさしすぎて高得点に結びつかないのではないか?という懸念もあったので、いろいろためしてみました。それにしても6月の留学試験の点数の平均点の上昇(特...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この漢字練習本いいんじゃない?

みんなの日本語が終わった後くらいから次のステップへ移る段階でやはり学習者のネックと
なってくるのが「漢字」生教材が徐々に入りだし、一回の授業で入ってくる語彙量が格段に
増え続けていきます。

今まで漢字の学習に関しては日本語教材の漢字コーナーはもちろん、受験国語の教材コーナー
や一般図書の書道コーナーなどいろいろなものを試してきましたが、ふとみかけた小さな本屋で
かなり自分のイメージと重なった漢字学習本があったので紹介します!

それが「下村式、となえて書く漢字ドリル」という本。秀逸なのはその構成で

① 漢字の書き順が覚えられること

漢字を適当に教えてしまうと、生徒がオリジナルの書き順をあみだし、へんな字が多発。
それを防ぐために、書き順がしっかり示されていることは重要。小学校などにやった書写の授業
のようになぞり書きから始まって、升目の中にしっかり漢字が書けるものがベスト

② 漢字の成り立ちが分かること

漢語は造語力も強く、漢字の成り立ちが分かっていると字形からイメージが浮かびやすい。
特に象形文字や会意文字などは成り立ちからイメージすると汎用性が高い。
(このドリルの最大のうりはここ!すべての漢字がかわいい絵つきで示されています!)

③ 例文があり、文脈内でどのようにその語彙が使われているか理解できること

ここも新しい!このドリルは新出漢字の一文字ごとに例文が付いているのですが、
ショートストーリーのような構成になっていて、三文ぐらいの短い小話の中に
繰り返し同じ漢字が音読みと訓読みで示されています。

例 「貴」

博物館で、古代ローマ時代の貴重な財宝をみた。
当時の貴族の生活は、とてもはなやかだ。
金や銀などの貴金属で作った食器もあった。

というような漢字。難しい言葉はすべて振り仮名付きです!今までいろんな
日本語教材を見ましたが、これはイチオシ!小学生向けのテキストですが、
是非表紙を変えて、日本語学習用に並べ替えてほしいです!

久しぶりに手にした瞬間「これだ!!」と思えるものに出会いました。

漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学4年生)

漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学5年生)
漢字練習ノート―下村式となえて書く (小学6年生)

みんなの日本語終了時なら、4年生ぐらいからでいいと思います。
漢字がすごく弱い場合は3年生からかな?

スポンサーサイト
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米人に好まれそう!? 漢字の成り立ち練習帳

いや~ひどい風邪をひきましたゴホゴホ(><)ブログの更新ぜんぜんやる気になれず・・・。

なんか3ヶ月に一回くらい外国製のひどい風邪にやられる癖がついてしまった(笑)

それにしても日本語教師って風邪をひきやすいと思いませんか?
 
教室には風邪ひきさん達があふれているし、授業中は声を出さずにはいられない商売だし。

みなさんは風邪予防どうやってやっているのでしょうか?のどが痛くなってからうがいしても全く

効き目がないんですけど??

今日はなんとか回復したので次学期に向けて本を数冊購入してきました

その中でもよいと思ったのが、イラストがかわいい漢字の練習本です。今まではアルクのテキストを

使ったりしてたのですが、今回はこの本をつかって次のような流れで導入してみようと思います。

① イラストを拡大コピーして裏にマグシートを貼り付け教材化

② 絵から連想できる言葉=漢字を生徒に言ってもらう

③ 書き順とともに漢字をノートに書く

④ 前後にくっつく漢字・対義語・類義語をレベルに合わせて導入

初の後半から中級にかけてとにかく漢字でつまずく生徒が多いので、いろいろなパターンで漢字練習を

やってきたのですが、先にイラスト見せてからの「漢字成り立ち導入」というのがあっても面白いのでは

ないかと思います。ちなみに中上級の漢字練習はやはり生教材の漢字(新聞)の一部をホワイトで消して

手書きで穴埋め練習に変えたもの(これはすぐにつくれる)季節の言葉や慣用句などを類語辞典でまとめたもの

おもしろ誤字脱字訂正練習などをしています。誤字脱字練習はネットで誤変換とかをしらべればどんどんおもしろい

のが出てくるので、上級クラスになったら息抜き程度にやってもよいと思います。


オリジナルの漢字成り立ちは見ているだけでも面白い!教え方の方法論はたくさんあった方が便利ですね。

                   
漢字1
なんとか写真とって見ました!
ちょっと厚めの本ですが逆にボリューム満点です
   ↓
KANJI LOOK AND LEARN

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絵で見て分かる日本語と

教材  今回のおすすめ本はBESTの中でも紹介した
 「
絵で分かる日本語使い分け辞典」や
 「場面別日本語表現」同様、この本もマンガを
 読んでいるうちにすらすら日本語が頭に入ってくる参考書です!
 中上級になって日本語がある程度理解できるようになってくると、
 周りの日本人は教科書を離れた日本語を使っていて、
 ぜんぜん意味が分からない!是非これらの表現を教えて欲しい。
 というニーズは多いのですが、それを中々まとめて教える本が
 ありませんでした。
 今回の本「マンガで学ぶ日本語表現と日本文化」は
 ちょっとしたストーリのある場面別マンガとともに
 日本語の慣用表現が学べる本です。
 多辺田は10人くらいの大家族で、花見に旅行に色々な
 場所にでかけ、わいわい楽しく日本の生活を楽しんでいます。
 そしてこの中で登場する外国人との駆け引きの中で、 どんどん日本語を学んで行こう
 という趣旨の教材です。ストーリー性のある流れの中で場面別に類語表現や慣用表現
 が出てくるので、イメージととも難しい表現が入ってくるのではないかと思います。

 逆に一つの場面にかなりの表現が詰め込まれているので、一読しただけで、
 言葉を覚えるのは大変そうという思いもしましたが、実際に生徒に見せた感想は
 「こんな本が欲しかった」の一言でした!生徒によって合う合わないはあると
 思いますが、中上級クラスの息抜きにちょっと導入するとクラスのモチベーションが
 上がりますよ!
 
 
【 商品紹介文より 】

初級~中級で必要な言葉のニュアンスがわかる。日本人の考え方や文化がわかる。
類義語の使い分けがわかる。多義性を持つ言葉がわかる。
教室教材としても読み物としても使える。語彙解説や練習問題が豊富。
どの課からでも始められる。マンガだけでも十分楽しめる。さあ、
多辺田家の愉快な仲間たちと、一緒に楽しく日本語を学ぼう。

↓ 予想以上の好反応でした!たまたまかな?

マンガで学ぶ日本語表現と日本文化―多辺田家が行く!!
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カタカナを教えるなら 

今回は日本語にどんどん増え続けているカタカナ語をマスターする本を紹介

基本的に自分は第一印象を重要視していて、ぱっと見て自分が楽しい気持ち

勉強したくなる気持ちになる本を選ぶようにしています。使い込めば使い込むほど

味がでる教材も多いのですが、大体一冊の教科書に集中して学習できる期間は

長くても3ヶ月くらいで、それ以上だとレベルが上がったり、モチベーションが下がったり

目的が変わったりして、使わなくなってしまいます。

こんかいのカタカナ本は作りがイラストつきてとても丁寧です。

レベル別に第一章は「カタカナの字と音を覚えよう」

第二章は「かたかな語の音とリズムをつかもう!」というように目的がはっきりされており

イントネーションから字形・拍の意識にまで気を配った作りになっています。

丁寧な説明とともに分かりやすい問題(穴埋め問題や会話分の挿入問題、正誤問題など)

も付いていて、どのレベルの生徒が始めても楽しくカタカナ語マスターになれるはず!

これから始めれば「カタカナ嫌い!(><)」なんてことはなくなるのでは?

【 商品紹介より 】
カタカナ語が「聞いてわかる」「見てわかる」「自分で書ける」ようになる!
漢字と並んで外国人を悩ますカタカナ語。しかし、漢字と違って、カタカナ語を
教えてもらう機会も、学ぶための本も、ほとんどありません。
そのため、中級学習者でも、カタカナ語はなかなか身につかず、ひどい間違いをします。
そんな問題を一気に解決するのが、この本です! この一冊でカタカナ語の基本がマスターでき、
カタカナ語がどんどん覚えられるようになります。

1総合的にカタカナ語を学ぶことができる、初めての本!
25つのステップを踏みながら、着実にレベルアップ。
3豊富なイラストで学習の負担を軽減、ニュアンスもよくわかる。
4話し言葉を中心に頻度の高い語句・表現を厳選。
くり返し練習するから、実践力がどんどん身につく。
52つの単語リスト(「カテゴリー別単語集」
「各ステップで取り上げたカタカナ語」)で語彙学習を強力サポート。
6解説や例文は易しい日本語表現で書かれ、単語とコラムには対訳(英・中・韓)
があるので、安心して学習できる。
7クラス・アクティビティー用素材やカタカナ練習帳も付いて、付録も充実。

   ↓

カタカナ語スピードマスター

PS 能力試験対策としては完全マスターのカタカナの方が点数には直結すると思います

           ↓
完全マスター カタカナ語彙 日本語能力試験1・2級レベル

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなり使える読解問題 留学試験対策に

普段お世話になっている日本語駆け込み寺の運営をなさっている目黒真実さんの著書という

こともあって、留学試験前の読解問題として購入してみました。

留学試験の読解問題としてはチャレンジテキストや実践問題集を使っていたのですが

どうもチャレンジテキストなどは難易度がやさしすぎて高得点に結びつかないのではないか?

という懸念もあったので、いろいろためしてみました。

それにしても6月の留学試験の点数の平均点の上昇(特に総合科目)をみると本格的に

受験勉強をさせないと上位大学に入るのはどんどん難しくなっていくのでは?と不安を覚えます

逆に早稲田理工はかなり点数低くても合格した!という生徒の声もあり、穴場はあるようですが。

この本の良いところは、商品説明にもあるとおり、読解問題と記述問題の両方が練習できる点で

分野・難易度も留学試験の過去問に近く、非常に使いやすいものでした。

留学試験読解力のキーであるスキャニングを鍛えるために、採点時には蛍光ペンを一本用意

答えの根拠となった部分に蛍光ペンでチェックを入れてもらいながらさくさく読んでもらいます。

こうすることで、文章の形式になれ、視線の移動や集中力も身につきます。

初期の段階では文章に線を引きながら構造をとらえて読む方法はかなりおススメ、やりすぎると

時間がなくなってしまうので注意ですが、慣れるまでは文章に線を引かせると良いと思います

【 商品紹介 】

読解力を高めるためには、語彙量、文法知識なども必要ですが、さまざまな分野の背景知識を
増やすことも重要です。
本書では、日本語能力試験、日本留学試験、大学入試の際の校内試験などによく出題される
13の分野を取り上げ、52の読解素材を収録しました。

さらに全体を2つのSTEPに分け、STEP1では、400~600字程度の文章を読んで「選択式問題」
に取り組みます。 STEP2では、1000~1200字程度の文章を読んで、「選択式問題」と、本文内容
を要約したり、自分の意見や考えをまとめたりする「記述式問題」に取り組みます。

別冊には、英語・中国語・韓国語の対訳付語彙リストがあるので、教室での使用はもちろん、
独習教材としても使用可能です。

【本書で扱う13分野】
日本語の世界、日本の文化、日本人の行動様式、言語とコミュニケーション、異文化理解、
環境と人間、ITと情報社会、生物・自然、人生と生き方、子どもと教育、報道とマスコミ、
科学と技術、生命と倫理

読解弱い人にはおススメです。

   ↓

中上級学習者のための日本語読解ワークブック
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 日本語教師ブログcafe初心者から中上級者の教え方のテクニックと指導法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。